MINI、EV専用モデル『ミニ・エースマン』日本初披露・・価格491万円から

BMWは、6月6日より販売開始されたMINIブランドのEV(電気自動車)専用クロスオーバーモデル『ミニ・エースマン』を日本初公開した。

価格は、『ミニ・エースマン E』が491万円、『ミニ・エースマン SE』が556万円。納車は、2024年第4四半期以降を予定している。

MINIブランドに新たにラインアップされる『ミニ・エースマン』は、まったく新しいEV専用モデルとして4月の北京モーターショーで世界初公開されたモデル。MINIブランドの新世代モデル第1弾の『ミニ カントリーマン』、第2弾『ミニ クーパー』に続く、第3弾モデルとなる。

主な車両諸元(欧州仕様車の数値)としては、『ミニ・エースマン E』が最高出力135kW、最大トルク290Nm、リチウムイオンバッテリ容量126.0Ah/42.5kWhで、一充電走行距離310km。『ミニ・エースマン SE』が最高出力160kW、最大トルク330Nm、リチウムイオンバッテリ容量136.0Ah/54.2kWhで、一充電走行距離406km。駆動方式は、フロントにモーターを搭載する2WD(FF)。『ミニ・エースマン』のボディサイズは、全長4080mm×全幅1755㎜×全高1515㎜、ホイールベースが2605mm。

新型『ミニ・エースマン』のインテリアは、大型の円形有機ELセンターディスプレイを採用。ステアリングホイールの背後に配置されていたメーターパネルは廃止され、運転に必要な全ての情報は、前方のヘッドアップディスプレイや円形有機ELセンターディスプレイに映し出されるなど完全なデジタル化が施された。大型の円形有機ELセンターディスプレイには、直径240mmの高品質ガラスが使用され、最適化された高感度タッチ機能を装備。スマートフォンを操作するような直感的な操作が可能。メインメニューでは、各機能がウィジェットとして横並びに配置され、スワイプやタッチで操作する。メーターパネルとしての機能のほか、AR機能付きナビゲーションシステム、メディア、電話、エアコンディショナー、各種設定など、全ての操作を一括して円形有機ELディスプレイで実施。また、大型の円形有機ELセンターディスプレイが装備されるダッシュボードには、リサイクルポリエステルを使用した新素材を採用している。

新型『ミニ・エースマン』のエクステリアやインテリアデザインでは、リサイクルポリエステルやリサイクルアルミニウムを利用する持続可能性を考慮した素材を選択。将来を見据えた新世代モデルであることを印象付けている。