アバルト、『695』シリーズ最後のモデル「75°Anniversario」世界限定1368台のうち350台を日本導入

アバルトは、7月3日に『695』シリーズ最後のモデルとなる限定車『ABARTH 695 75° Anniversario(アバルト ロクキュウゴ セッタンタチンクエ アニヴェルサーリオ)』発売した。


なお、7月20日~21日にデビューフェアを実施。特設サイトからクーポンを申し込み、アバルト規ディーラーに来場すると「アバルト オリジナル ポーチ」をプレゼント。

アバルト オリジナル ポーチ(サイズ:約180×120×20mm)

今回の限定車は、2024年5月末に『アバルト695』の日本向け生産が終了になった為、
『695』シリーズとして最後のモデルとなる。なお、今回の限定車は、アバルトブランド設立から75年の歴史に敬意を表し、排気量にちなんだ世界限定1368台が発売され、そのうち350台が日本国内向けとなる。販売台数は、左ハンドル100台、右ハンドル250台の計350台限定。価格は、550万円。

今回の限定車は、『アバルト 695 コンペティツィオーネ』のパワートレーンをベースに5速MTを搭載。ボディカラーは、「Nero Scorpione(ブラック)」にゴールドアクセントを加えている。足まわりには、大径フローティングブレーキディスクを装備し、ブレーキ性能を向上している。また、エンジンの吹け上がりと呼応し、刺激的なサウンドを奏でるハイパフォーマンスエキゾーストシステム“レコードモンツァ”も健在。なお、ラインアップは、ドライブの本質的な楽しさを味わえるMTモデルのみとなっている。

また、「ヘッドレスト一体型Sabelt製75°Anniversario専用スポーツシート」「17インチ14スポークアルミホイール(ゴールド)」「フロント大径フローティングブレーキディスク(ドリルドベンチレーテッド)」「75°Anniversarioエンブレム/695バッヂ(リア)」「ABARTHサイドストライプ(ゴールド)」「スコーピオンルーフデカール(ゴールド)」が特別装備されている。