2024年秋、アウトドア宿泊施設「RECAMP富士スピードウェイ」オープン

富士モータースポーツフォレスト、富士スピードウェイ、Recamp(親会社R.project)の3社は、富士スピードウェイ内にアウトドア宿泊施設「RECAMP 富士スピードウェイ」を2024年秋にオープンすると発表した。

富士スピードウェイ内に位置するRECAMP 富士スピードウェイは、近隣の観光スポットへのアクセスが抜群なロケーションに位置。西北側エリアの山中湖へは約20分、富士山の須走口5合目までは約30分、南東側エリアの御殿場プレミアム・アウトレットへはクルマで約20分、箱根芦ノ湖湖畔までは約40分と、近隣の観光スポットとの回遊性も抜群となっている。

この新たなキャンプ場は、フォーミュラ1が開催可能なFIA国際公認Grade 1サーキットのインサイドエリアに常設される世界初のキャンプ場となる。このキャンプ場は、富士スピードウェイのレーシングコースの中でもクルマのスピード感をダイレクトに体感できる高速コーナーである100Rの隣接地にオープン。昼間は、眼前を高速で駆け抜けるレーシングカーに胸躍らせる没入度高い「興奮体験」、夜には昼間とは打って変わっての静けさと満天の星に心落ち着かせる「静寂体験」、相反する2つの体験を⼀度に楽しめる。さらに、施設内からは夕日に沈み、日の出に浮かぶ雄大な富士山の姿を満喫することもできる。

宿泊施設は、初心者から上級者まで幅広い層の利用者の様々なニーズに合わせて対応できるよう、全36サイトで構成されている。

宿泊施設には、電源付きオートキャンプサイトに加え、愛犬と⼀緒に楽しめるドッグラン併設サイトなど、スタンダードなキャンプスタイルにも対応。さらに、宿泊棟として、フルリノベーションした1970年製のヴィンテージトレーラー「エアストリーム」横に、観覧デッキとアウトドアダイニングを併設したぜいたくなキャンプが体験できるサイトが登場。そのほか、ホテルライクな設備を完備した近未来型トレーラーハウスやログトレーラーにコースを見渡せる展望テラスを備えるサイトの設置も予定している。

[RECAMP 富士スピードウェイ概要]
・正式名称:RECAMP 富士スピードウェイ(リキャンプフジスピードウェイ)
・オープン時期:2024年秋(予約受付開始:2024年夏)
・住所:静岡県駿東郡小山町中日向694
・敷地面積:約2万m2