メルセデスベンツ、日本限定30台のEQEセダン特別仕様車『EQE 350+ Electric Art』

メルセデス・ベンツ日本は、5月29日にEV(電気自動車)『EQE セダン』の日本限定30台の特別仕様車『EQE 350+ Electric Art』を発表。

同日より予約注文の受付を開始し、納車は6月を予定している。価格は、1040万円~1169万9000円。

エクステリアは、「エレクトリックアートライン」と、新デザインの19インチアルミホイールを採用することで、流麗なエクステリアに仕上げた(限定15台)。また、限定15台で、広い室内空間を演出するパノラミックスライディングルーフを含むAMGラインパッケージ仕様も用意。外装色は、エレクトリックアートライン仕様には「ポーラーホワイト」「オブシディアンブラック」を設定。AMGラインパッケージ仕様には「オブシディアンブラック」「オパリスホワイト」「アルペングレー」を設定。

特別仕様車の特徴は、『EQE 350+』をベースに高電圧バッテリーから発生する廃熱を車内の暖房に利用することで、車内を温める際の消費電力を大幅に削減する「ヒートポンプ」のほか、「コンフォートサスペンション」「電動充電フラップ」「アドバンスドサウンドシステム」「MBUXエンターテインメントパッケージプラス」「デジタルキー」「フットトランクオープナー」といった機能を標準装備している。