ホンダ、米国で新型FCEV『CR-V e:FCEV』生産開始・・2024年発売予定

米国現地法人のアメリカンホンダモーターは、6月5日に米国オハイオ州メアリズビルの四輪車生産拠点パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)で、新型FCEV(燃料電池車)『CR-V e:FCEV(シーアールブイ イーエフシーイーブイ)』の生産を開始したと発表した。2024年に米国および日本での発売が予定されている。

『CR-V e:FCEV』は、外部から充電可能なプラグイン機能を持つ燃料電池車で、燃料電池車が持つ長い航続距離と、水素の充填時間の短さといった特徴はそのままに家庭や外出先で充電できるプラグイン機能を加えることで利便性を高めている。これにより、『CR-V e:FCEV』の一充填走行距離は、270マイル以上で、EV走行可能距離は29マイル以上(米国仕様車。EPA[米国環境保護庁]が定める基準)となっている。

『CR-V e:FCEV』に搭載されている燃料電池システムは、ホンダとゼネラルモーターズ(GM)が共同で開発し、両社で設立した合弁生産拠点である米国ミシガン州ブラウンズタウンのFuel Cell System Manufacturing LLC(FCSM)で生産。
一般的に燃料電池システムの普及・活用拡大に向けては、コストや耐久性が主な課題とされる中、両社の知見やスケールメリットを生かしたこの燃料電池システムは、電極への革新材料の適用やセルシール構造の進化、補機の簡素化、生産性の向上などを図ることで、FCEV『クラリティ フューエル セル(2019年モデル)』に搭載していた燃料電池システムに対して、コストを3分の1に低減。また、耐食材料の適用や劣化抑制制御により、耐久性を2倍に向上させるとともに耐低温性も大幅に向上させている。

今後は、コア技術である燃料電池システムの搭載・適用先を拡大していくことで、水素を「つかう」領域で、社会のカーボンニュートラル化を促進し、水素需要の喚起に貢献していくとしている。