フォルクスワーゲン、ワゴン専用モデルとなった新型『パサート』の予約を9月開始

フォルクスワーゲンジャパンは、9世代目となる新型『パサート』の予約注文受付を、9月から開始すると発表した。出荷予定は、11月の予定。

ワゴンボディ専用モデルになった新型『パサート』は、従来のMQBアーキテクチャーの進化版であるMQB evoアーキテクチャーを採用。従来よりボディを拡張し、ひとクラス上のセグメントに相当する4.9m級のボディサイズが与えられたことで、様々な用途・ライフスタイルに対応する包容力を獲得。特に50mm延長されたホイールベースによりリアシートの居住性が向上し、多人数乗車でも快適に過ごせるゆとりあるボディサイズとなった。

グレードは、“Travel Assist”やレーンキープアシストシステム“Lane Assist”、レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus”などの最新の運転支援システムをすべて標準装備とした「Elegance Basic」(1.5eTSIのみ)をエントリーグレードに設定。15インチの大型タッチディスプレイを備えた純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”やヘッドアップディスプレイを標準装備した「Elegance」、専用エクステリアや専用シート、19インチアルミホイールを装着した「R-Line」の3グレードを設定。計7グレード展開となる。

パワートレーンは、1.5リッター eTSIマイルドハイブリッドシステム(FWD)のほかに、フルタイム4WDシステム「4MOTION」を組み合わせた2.0リッター TDIクリーンディーゼルエンジン、これまでよりEV走行レンジを延伸させたプラグインハイブリッドのeHybridをラインアップ。
48Vマイルドハイブリッドとなった直列4気筒1.5リッターガソリンエンジンは、燃焼プロセスに高効率なミラーサイクルを採用。さらに、高度な技術であるガソリン用可変ジオメトリターボを組み合わせるなど、省燃費とトルクレスポンスを両立させた最新スペックのユニットとなり、制御を最適化するとともに気筒休止とコースティング時のアイドルストップ時間を拡大したアクティブシリンダーマネジメントACTも備えている。

2200barのコモンレールを用いる直列4気筒2.0リッターターボディーゼルは、2連式SCR噴射を採用したツインドージング型で、高いNOx除去能力と優れたレスポンスを実現した最新世代のものを搭載している。

eHybridは、1.5リッター eTSIをベースにやや低い圧縮比など細かなチューニングを施し、システム総合出力としては150kW/350Nm(欧州公表値)を発生。19.7kWhのリチウムイオンバッテリーを使って120km超のEVレンジ(WLTC、欧州計測値)を実現。日々のドライブは、ローカルゼロエミッションとして、遠出はハイブリッド車として、多様なライフスタイルを支えるパワートレーンとなっている。

従来のアダプティブシャシーコントロール”DCC”は、ボリュームセグメントとして世界初となる2バルブ独立制御式の”DCC Pro”へと進化。伸び側/縮み側が独立したオイル回路となっているため、それぞれ別々に減衰力をコントロールすることで、ダイナミックな走行と快適な乗り心地を高いレベルで両立。スポーツモードでは、フォルクスワーゲンらしい軽快なハンドリングを、コンフォートモードでは快適なフラットライドを実現。さらに、“DCC Pro”と電子制御ディファレンシャルロック(XDS)を高度に協調制御する“Vehicle Dynamics Manager”をフォルクスワーゲンとして初採用。走行状況に応じて4輪独立で可変制御することで、定評あるフォルクスワーゲンの正確なステアリングレスポンスをさらなる高次元に進化させた。進化した駐車支援システム“Park Assist Plus”では、ステアリング操作のみならず、アクセル・ブレーキも自動操作。新たに搭載されたメモリー機能では、駐車スペースの50m手前からの操作を記憶でき、最大5件までメモリー登録可能となる。