フィアット、日本向け『500』『500C』5月で生産終了・・国内販売も終了

Stellantisジャパンは、Stellantisグループが掲げるグローバル戦略の柱である電動化の推進に伴い、フィアットのコンパクトカー『500(チンクエチェント)』『500C(チンクエチェント シー)』の日本向け生産を、2024年5月に終了することが決定したと発表した。

2008年に日本デビューしたフィアットの『500』は、国内で約13万台販売されたフラグシップモデルだが、フィアット正規ディーラーでの取り扱い在庫がなくなり次第、『500』の国内での販売は終了となる。

それに伴い、Stellantisジャパンでは、感謝の気持ちを込めキャンペーンを実施する予定としており、詳細は追って公式WebサイトやSNSなどで告知するとしている。