トヨタ、新型カローラシリーズのセダンを広州国際モーターショーで世界初披露

トヨタは、中国で11月16日に開幕した広州国際モーターショーにおいて、新型カローラシリーズのセダン「カローラ」/「レビン」(中国名)を世界初披露。新型モデルは、2019年春に米国・欧州で販売を開始した後に、2019年央以降に発売する中国など、世界150以上の国・地域で順次発売する。

新型モデルは、基本性能を大幅に向上させたGA-Cプラットフォームをベースに、国・地域の特性に合わせた2タイプを用意。アクティブさを強調したスポーティモデル「レビン(中国)」(北米など)と、堂々とした上級感を表現したプレステージモデル「カローラ(中国)」(欧州など)を設定。なお、日本においては、スポーティモデルのカローラをベースに、日本の道路環境などに合わせて最適化した、専用仕様のセダンとワゴンを2019年内に発売する予定。

新型モデルは、トヨタが進めるクルマづくりの構造改革である「TNGA」の取り組みをもとに、2018年夏に発売したハッチバックや、2019年初旬に欧州などで発売するワゴンも含めて、グローバルでプラットフォームを統一し、効率的な開発を進めることにより商品力の大幅な向上を実現。また、今回から欧州などで展開するハッチバックやワゴンのシリーズ名を「カローラ」に統一し、カローラブランドのさらなる強化を図っていく。

新型モデルは、プラットフォーム刷新により、上質な走り、乗り心地、静粛性、安全性能など基本性能を大きく向上させている。また、グローバルカーとして、世界5大陸で延べ100万キロの走行試験を実施している。

エクステリアは、「シューティング・ロバスト」(骨格で魅せる逞しさとアクティブさを併せ持つデザイン)をコンセプトとし、TNGAプラットフォームの採用により、現行型より全高を低く、トレッドを広げることで、踏ん張り感のある低重心でスポーティなシルエットを実現。
インテリアは、「センシュアス・ミニマリズム」(シンプルでありながら感性に響くデザイン)をコンセプトとし、薄型インパネによる心地よい開放感のある空間と、センタークラスターなど集約された機能部品とのコントラストにより、上質なデザインを追求している。

新型モデルは、国・地域の特性に応じて、TNGAの新型パワートレーン(2.0L Dynamic Force Engine、Direct Shift-CVT、6速MTほか)など、ニーズに合わせた様々なパワートレーンを設定し、走行性能・環境性能を向上させている。加えて、最新のハイブリッド技術を搭載したモデルを新たに90以上の国・地域に投入していく。また、安全面でも国・地域に応じて最新の「ToyotaSafetySense」の設定を拡充し、より安全なクルマの普及を推進する役割も担っていく。

更に新型モデルには、人とクルマ、クルマと社会がつながり、「安全・安心」「快適・便利」なコネクティッド機能・サービスを国・地域ごとに提供していく。中国では、車載通信システムであるDCM(Data Communication Module)の標準搭載によりクルマをつなげることで、24時間・365日ユーザーを見守り、ジャスト・イン・タイムなサービスなどを提供する「トヨタコネクティッド」(中国名「豊田智行互聯」)を全グレードに設定。米国では「Apple CarPlay」や「Amazon Alexa」との連携をはじめとする様々なコネクティッド・マルチメディア機能、欧州では事故や急病時にオペレータに接続して車両位置情報に基づき緊急車両を手配するサービスなどをご利用できる。

新型カローラ シリーズ「カローラ」「レビン」 主要諸元[現行型との差]
全長:4,640 mm[+10]   
全幅:1,780 mm[+5]
全高:1,435 mm[-45]
ホイールベース:2,700 mm[±0]
※広州国際モーターショー展示車