トヨタ、全自動のピザ製造マシン付きのタンドラをSEMA2018で発表…ミライの燃料電池を搭載

トヨタ自動車の米国部門は、SEMAショー2018において、大型ピックアップトラック「タンドラ」に、燃料電池車「ミライ」のパワートレインを搭載したカスタマイズカー「タンドラ・パイ・プロ(TUNDRA PIE PRO)」を初公開した。また、タンドラ・パイ・プロは、大手のピザハットと共同開発したモデルになる。

このピックアップトラックは、トヨタの「タンドラSR5」をベースに、水素燃料電池車ミライのパワーユニットを搭載したゼロエミッション車になる。荷台には、冷蔵庫に加えターボシェフHHC1618と呼ばれる高性能でコンパクト設計のオーブン、更にふたつのコンピューター制御されたロボットアームで構成されている。また、走行だけではなく、キッチンへの電力も水素燃料電池のパワートレインによって供給される。

調理は、荷台に配置された2本のロボットアームのうちひとつが、備えつけの冷蔵庫からあらかじめ焼くだけの状態に準備されたピザを取り出し、高速コンベアオーブンに乗せる。次に2本めのロボットアームが、焼き上がって出てきたピザをまな板に移し、きれいに6分割にカットする。そして、ピザボックスへとスライドさせ箱詰する。注文を受けてから約7分で1枚のピザを焼き上げることができる。

注文を受けてから店舗での調理時間短縮や、調理しながら配達先まで移動できる為、焼きたてのピザを配達できるのは客にとっても嬉しい利点になる。そして、トラック自体は水素燃料電池でエネルギー供給される為、調理と移動で大気を汚染することもなく、排気ガスで料理の味を落とすこともない。

ただし、コンセプトモデルとしての制作されている為、荷台の調理スペースに屋根はなく、荒天時の配送は不可能となる。また、交通量の多い車道を走れば周囲の車の排気ガスや、埃など混入する問題もある。埃だらけの商品を届ける訳にはいかないし、実際に配達に採用されるのには問題点の改善が必要になるでしょう。