インフィニティ、新型「QX80」を米国で販売

日産の高級ブランドインフィニティは、フラグシップSUV新型『QX80(2025年型)』を、7月末から全米のディーラーで販売開始すると発表した。

米国市場の価格は、「PURE」が8万2450ドル(RWD)/8万5550ドル(4WD)、「LUXE」が8万9500ドル(RWD)/9万2650ドル(4WD)、「SENSORY」が10万645ドル(4WD)、「AUTOGRAPH」が11万595ドル(4WD)。

新型『QX80』のエクステリアは、竹林をイメージしたフロントグリルメッシュ、さざ波にきらめく光の反射を模したテールランプ、日本の石庭にヒントを得たラバーインレイなど、随所に自然が作り出すフォルムを取り入れている。
インテリアは、高級感あるセミアニリンレザー仕上げとなっており、レーザーカットメタルインレイを施し、細部までこだわった本木目のトリムを採用。64色から選べるアンビエントライトを採用するとともに、1列目と2列目の座席にはマッサージシートを用いた。

パワートレインは、全てのモデルに3.5リッターツインターボエンジンを搭載。最高出力は、450PSで、最大トルクは、516lb-ft。先代モデルと比べて出力で50PS、トルクで103lb-ftの向上に成功。トランスミッションは、9速ATを組み合わせた。電子式エアサスペンションでは、走行シーンに合わせて車高を調整でき、停車時は車高を下げて乗り降りや荷物の積み下ろしを容易にする。また、ダイナミックデジタルサスペンションが路面の状態を常に把握し、ダンパーの減衰力を調整することで、よりスムーズで安定的な車線変更を可能にし、乗り心地を高めている。

先進技術は、運転の快適性、利便性、コネクティビティを高める機能を搭載。「インビジブル フード ビュー」を、はじめとする多数のカメラによって駐車場や狭い道路、コーヒーショップのドライブスルーなどでの視認性を向上させた。「フロントワイドビュー」モードにすると、カメラがとらえた映像を2個の14.3インチディスプレイに表示し、視認性をさらに高めている。さらに、「Google built-in」を搭載した『QX80』のタッチスクリーン型インフォテイメントシステムには、Google Mapsなど使用頻度の高いアプリがインストールされており、全乗員によりシームレスなコネクティビティを提供。「SENSORY」及び「AUTOGRAPH」グレードには、24スピーカークリプシュレファレンスプレミアムオーディオシステムを搭載し、3列全てにクリアな迫力あるサウンドを届ける。また、ナビゲーションの指示、音楽、電話など特定の音を運転席だけに伝える「インディビジュアル・オーディオ機能」も備えている。